収入を重視する場合の選び方について

タクシーの模型

タクシードライバーの求人を選ぶ際、収入の高さを重視する場合は、働く地域や会社の規模を考慮する必要があると言えます。なぜなら同じような働き方をしていても、地域や会社によって100万円以上も年収に差が出てくる場合があるからです。そもそもタクシードライバーの年収は、全国平均で350万円程度になると言われており、一般のサラリーマンよりもやや低い水準になると言えます。しかし年収は地域によっても差があり、大都市では平均が400万円を超えるところもありますが、地方になると200万円台というところも珍しくないのです。そのため、働く地域にこだわりがないのであれば、地方ではなく大都市を選んだほうがより稼げるということが言えるでしょう。そして会社の規模に関しては、大規模な会社ほど年収が高く、小規模になると低くなる傾向があります。規模が1,000人以上の会社の場合は400万円以上が期待できますが、100人未満のところは300万円程度という水準にとどまるため、より高収入を望むなら大規模なところを選ぶとよいでしょう。

どんな目的でこの仕事が選ばれているのか

タクシー

タクシードライバーの求人は、誰でも採用されやすいため、特別な資格や経験がない人が応募するケースが多いと言えるでしょう。もちろん実際にタクシーの運転をするためには二種免許が必要になりますが、その取得費用は会社側が負担してくれることが多いので、普通免許さえ持っていれば採用してもらうことができるのです。あるいはタクシー会社でドライバーとしての経験(10年以上)を積めば、個人タクシーを始めることも可能になります。そしてタクシードライバーの求人は、定年後の再就職先としても向いていますし、人気があると言えるでしょう。例えば60歳で定年を迎えると、年金が貰えるようになる65歳までは無収入になってしまうため、どこかへ再就職する人も多くいます。しかし高齢での再就職は、年齢的な問題もあって難しいケースがよくありますが、タクシードライバーの場合は年齢不問で採用してもらえることが多いのです。それにタクシーというのは、仕事の量を自分で調整できるなどの自由な働き方ができるため、高齢の人でも自分の体力に合わせた働き方ができるというメリットもあります。さらにタクシードライバーの給料は、歩合制が取り入れられている場合がほとんどなので、頑張った分が給料に反映されるようになっています。そのため、働き方によっては年収800万円以上という高収入を得ることも可能なので、短期間でバリバリ働いて高収入を得たいという目的で就職する人も多いと言えるでしょう。

広告募集中